横井軍平ゲーム館

大ヒットを生む秘密が分かる

任天堂の成長を支えた故・横井軍平氏のインタビュー集です。
横井氏は数々の大ヒット商品(ゲームボーイ・ゲームウォッチ・光線銃など)の生みの親として有名ですね。

本書には氏が手がけた商品の裏話が多数あり、ひょんな発見が元になっていたりと大変面白いです。

本書はアイデアを生むヒントの宝庫なので、創作に関わる人全てにオススメしたい名著です。
私は本書を読んで、創造力の引き出しが大きくアップしました。

枯れた技術の水平思考とは何か?

横井氏は多数のヒット商品を手がけていますが、それらには共通する開発哲学があります。

それは 枯れた技術の水平思考 という考え方です。かなり有名ですね。

これは一言で言うと

「使い古された技術」の使い方を工夫して、驚くような商品を生み出す

そんな考え方です。

最新技術ではなく、ありふれた技術を組み合わせて、全く新しいモノを創造するわけです。

例えば1970年から発売された光線銃というおもちゃ。

これはターゲット(人形とか)に向けて引き金を引くと、ターゲットが倒れたり、音が鳴ったりします。
かくいう私も子供の頃、夢中になりました。

この光線銃は、センサーとして太陽電池を採用しています。

実はそれまで太陽電池は、単なる「電源」とだけ思われていました。
しかし横井氏はそれを「センサー」として使い、大ヒット商品を生み出したのです。

こんな風に使い古された技術でも使い方を変えれば、面白く斬新なモノとなる。
「枯れた技術の水平思考」の典型例と言えます。

ちなみに、この太陽電池はシャープ製でした。
太陽電池の売上が低下して困った中、こんな新しい使い方が見付かったので、シャープの営業マンが表彰されたそうです。横井氏ではなく(笑)。

ヒット商品の秘密がズラリ

シャープ関係では他にも、電卓の新たな使い道で生まれた「世界的大ヒット商品」のエピソードもあります。
この商品は縮小寸前だったシャープの液晶事業を救ったそうです。

本書にはこんな「枯れた技術の水平思考」の例が、他にもたくさん詰まっています。

私が読んでいて思わず叫んだものを挙げると…

  • ラブテスター(愛情測定器)
  • レフティRX(ラジコン)
  • ゲームボーイ
  • ドンキーコング
  • コントローラーの十字キー
  • ゲーム&ウォッチ
  • ファミコンロボット

……ってえぇい、多すぎて列挙しきれん!ジッサイどれもこれも凄い。

と、とにかく密度の濃い一冊です。

それはさておき本書は何度読んでも楽しく、アイデアを生むヒントの宝庫です。
創造力を磨きたい人には、強くオススメしたい一冊です。

大先輩の志を継げ

私はゲーム専門学校で講師もしてますが、よく授業中に本書の内容をクイズ形式で紹介してます。

学生の食いつきが極めて良く好評なので、その度に横井氏の深い知見を実感しています。

横井氏は1997年に交通事故で急逝されました。つくづくその早すぎる死が惜しまれます。

偉大な先輩が残した、本書から溢れんばかりの創作哲学を、次世代を担うクリエイターに是非知ってほしい。
心の底からそう思います。

横井軍平ゲーム館

横井軍平ゲーム館
10

分かりやすさ

10.0/10

わくわく度

10.0/10

コストパフォーマンス

10.0/10

普遍性

10.0/10

Points

  • 創造力アップに効果アリ
  • 大ヒット商品の秘密が分かる
  • 斬新な発想の数々が読める
  • 面白い開発裏話
  • 横井氏は相当な遊び人です

Notes

  • まだまだ世界を楽しませて欲しかった…

プログラマの名言・格言・心

もっと知りたい?
C言語_初級 | C言語_中上級 | C++_初級 | C++_中上級 | C#_初級 | C#_中上級 | Java_初級 | Java_中上級 | コンピュータ_サイエンス | アルゴリズム_ | ゲーム_プログラミング | DirectX_ | Unity_ | ゲーム_デザイン | ゲームのしくみ_ | 数学_ | プログラミング_テクニック | 歴史_偉人 | ソフトウェア工学_ | 読み物_エッセー | 人生_生き方 | 創造_発想 | 雑誌_ | 漫画_小説_映画 | メルマガのバックナンバー_

Kuniaki Ebata 登録者

プログラマーで現役のスキー国体選手です。
頭脳と体を動かすのが大好きなフレンズなんだね。専門学校で先生もやってます。

教え子をゲーム会社にどんどん送り込み、世界を面白くする野望を実現中。

プログラミングが上達するメルマガやってます。

ここを見たゲーム業界の卒業生へ
新作が出たら、連絡するか現物を送ってくれると嬉しいです。
ただし18禁・CERO-Dの場合は、厳重に梱包の上、品名をパソコン部品にて送る事(だいじ)。