ゲーム屋ド畜生シリーズ

ゲーム業界を知る、そして笑う

現役のゲーム企画さんが、業界の内側を赤裸々に(本当に)語った2冊です。
著者である島国大和氏のブログ島国大和のド畜生と合わせて読めば、より一層楽しめます。

このシリーズで外せないのは、著者自身による渾身の4コマ漫画です。
皮肉とユーモアがキレッキレで、本文よりも書くの大変だったんじゃ?とさえ思いました。

正直4コマ目当てで買っても損は無いでしょう。

てめえらの業界は なに色だーっ!!

Amazonで[ゲーム屋のお仕事 それでもゲーム業界を目指しますか?]の詳細を見る
ゲーム屋のお仕事 それでもゲーム業界を目指しますか?

まず最初に言っておきますが、内容はかなり自虐的です。
悲惨なド畜生が一杯です。
だからそのまま読むとゲーム業界が超絶ブラックに見えて来ます。

ですが私の経験上、さすがにそこまで酷くはありません。

まともな会社も普通にあります。
2冊ともちょっと誇張気味に書いてあるので、真に受けてビビリ過ぎないよう注意して下さい(特に学生の方)。

その点だけ気を付ければ、ゲーム業界の知識を得る格好のアイテムとなります。

誇張はされていますが、一方で真に迫っているのも確かです。
同業者の方なら「あるある!」と叫びたくなる事が一杯です。

世界と踊り、そして笑え

Amazonで[ゲーム屋が行く! デジタルオタク業界で生き残る道]の詳細を見る
ゲーム屋が行く! デジタルオタク業界で生き残る道

2冊に共通するのは、苦境を笑い飛ばしてネタにするたくましさです。

仕事をしていると、実際全くシャレにならない状況にも出くわします、ええ本当に。
しかし、それをネタに本を書いて金を稼ぐ著者の根性は見事です。

まさに転んでもただでは起きない精神ですね。

ゲームの企画は「面白さを発掘する」活動だとも言えます。
だから著者のように、どんな状況でもユーモアを発揮して笑いに変える精神は大切です。

そして、これはゲームを生み出す上で欠かせないものである、と私は思います。

冒頭で紹介した著者のブログにも、書籍とはまた違ったユーモアが炸裂しており一緒に楽しむことをオススメします。

内容はゲーム・アニメ・おもちゃ・映画などのレビュー中心で、ゲームプランナーならではの視点が興味深いですよ(単純に購入の参考にもなります)。

ちなみにこの物騒な名前のブログ、ド畜生で検索すると1ページ目に出て来ます。
(タイトルの元ネタはアストロ球団なのか、ジョジョなのか…)

ゲーム屋ド畜生シリーズ

ゲーム屋ド畜生シリーズ
9.8

読みやすさ

10.0/10

情報量

9.0/10

コストパフォーマンス

9.0/10

ユーモア

11.0/10

Points

  • ゲーム業界の内情が分かる
  • ゲーム企画の心の叫びが一杯
  • 色々ヤバい4コマ漫画
  • 面接対策にも使える

Notes

  • 誇張気味なのでビビらないように
  • とりあえず笑っとけ

もっと知りたい?
C言語_初級 | C言語_中上級 | C++_初級 | C++_中上級 | C#_初級 | C#_中上級 | Java_初級 | Java_中上級 | コンピュータ_サイエンス | アルゴリズム_ | ゲーム_プログラミング | DirectX_ | Unity_ | ゲーム_デザイン | ゲームのしくみ_ | 数学_ | プログラミング_テクニック | 歴史_偉人 | ソフトウェア工学_ | 読み物_エッセー | 人生_生き方 | 創造_発想 | 雑誌_ | 漫画_小説_映画 | メルマガのバックナンバー_

無料メルマガ好評配信中!
直球より変化球主体で攻めるプログラミングのメルマガ

読むだけで使える!プログラマーの裏技と考え方

読むだけでもプログラミング力が上がる
上辺の技術ではないプログラミングの本質が分かる
ビギナーからプロのゲームプログラマーまで幅広い方が購読しています(感謝!

つまり、登録して一緒にプログラミングを楽しもうぜ!
ってことだよ。言わせんな恥ずかしい。


登録完了メールが届きます
届かない場合は迷惑メールフォルダや設定を御確認下さい
powered byメール配信CGI acmailer

Kuniaki Ebata 登録者

プログラマーで現役のスキー国体選手です。
頭脳と体を動かすのが大好きなフレンズなんだね。専門学校で先生もやってます。

教え子をゲーム会社にどんどん送り込み、世界を面白くする野望を実現中。

プログラミングが上達するメルマガやってます。

ここを見たゲーム業界の卒業生へ
新作が出たら、連絡するか現物を送ってくれると嬉しいです。
ただし18禁・CERO-Dの場合は、厳重に梱包の上、品名をパソコン部品にて送る事(だいじ)。