アホでマヌケな米国(アメリカ)ハイテク企業

マヌケから学ぶラリった歴史

見もフタも無い書名ですが、IT業界の歴史を笑いながら学びたい人にオススメです。

やはり成功よりも失敗から学ぶ事が多い!そしていちいち笑える

IBMのPCジュニアやOS/2、アシュトン・テイトのdBase、マイクロプロのワードスターなど

「トホホなマーケティングや宣伝」のせいで消えていった製品の数々を、当事者の視点からブラックユーモアたっぷりに語った一冊です。

ちょっと古い例えですが「新・電子立国」とモンティパイソンを足して割ったような内容になってます。

頭の中はラリラッパ

かつては隆盛を極めた企業が、ヤクでラリったとしか思えない(本当にそう書いてある)マーケティングを連発する歴史は何度も繰り返されます。

ハイテク業界の失敗は意外にも人間関係に起因する例が多く、ラノベを読むような感覚で笑わせて貰いました。

著者は取り上げた企業の当事者だったケースもあり、知られざる内幕が迫真のユーモア(とリアリティー)で語られています。

たぶん本人は大変だったと思いますが、それを笑い飛ばすメンタルは見習いたいですね。

かつてマイクロソフトのライバルだった会社達は、なぜ崩壊してしまったのか?

その理由は、本書を読めば分かります

謎の人選

ちなみにそのマイクロソフトもかなりディスられてますが
日本語版のあとがきは、元マイクロソフトの成毛眞氏が書いています。

なんとも皮肉の利いた起用。編集者もノリが良いです。

おまけ:有名人ダーツボード

本書によると、マイクロソフト社内にあるダーツボードは一風変わってます。
なんでもライバル会社の有名人の写真が貼ってあるそうです。

本文中では、その名誉に預かった人物として、マーク・アンドリーセン(ネットスケープ)とフィリップ・カーン(ボーランド)が挙がっていました。

ではその他に、どんな大物がダーツの的になったのか?
私は大変興味をそそられました。

パッと思いつくのは
ラリー・エリソン(オラクル)、スコット・マクネリ(サン)、リーナス・トーバルズ(Linux)あたりでしょうか。

あと、司法省の役人も貼られたかもしれませんね…(反トラスト法関連で)

アホでマヌケな米国(アメリカ)ハイテク企業

アホでマヌケな米国(アメリカ)ハイテク企業
10

読みやすさ

10.0/10

ユーモア

10.0/10

コストパフォーマンス

10.0/10

わくわく度

10.0/10

Points

  • IT史を笑いながら学べる
  • スーツ組とオタク組の争い
  • 驚異的なブラックユーモア
  • トホホな崩壊パターンを多数収録

Notes

  • 絶版につきユーズド頼み

もっと知りたい?
C言語_初級 | C言語_中上級 | C++_初級 | C++_中上級 | C#_初級 | C#_中上級 | Java_初級 | Java_中上級 | コンピュータ_サイエンス | アルゴリズム_ | ゲーム_プログラミング | DirectX_ | Unity_ | ゲーム_デザイン | ゲームのしくみ_ | 数学_ | プログラミング_テクニック | 歴史_偉人 | ソフトウェア工学_ | 読み物_エッセー | 人生_生き方 | 創造_発想 | 雑誌_ | 漫画_小説_映画 | メルマガのバックナンバー_

Kuniaki Ebata 登録者

プログラマーで現役のスキー国体選手です。
頭脳と体を動かすのが大好きなフレンズなんだね。専門学校で先生もやってます。

教え子をゲーム会社にどんどん送り込み、世界を面白くする野望を実現中。

プログラミングが上達するメルマガやってます。

ここを見たゲーム業界の卒業生へ
新作が出たら、連絡するか現物を送ってくれると嬉しいです。
ただし18禁・CERO-Dの場合は、厳重に梱包の上、品名をパソコン部品にて送る事(だいじ)。