ファミコンの驚くべき発想力

ゲーム機の 秘密を探る サイエンス

全世界で6000万台!を売上げ、ゲーム文化の礎を築いた任天堂ファミリーコンピュータ。
そのハードウェア特性やプログラミング技術を解説した一冊です。

なぜファミコンはライバルをおさえ、息の長いゲーム機になれたのか?
その謎を解明します。

任天堂の伝説を知る

ファミコンは14800円という当時としても驚異的な低価格でした。

前半はハードウェアに込められた緻密な設計思想に迫り、低コストで高パフォーマンスを実現した仕組みが分かります。

後半は(現在と比較して)低スペックで少ないリソースの中、どうやってゲームを動かしていたか?
ファミコンの内部構造に目を向けながら、当時のプログラマの工夫を解説しています。

ゲームからサイエンスへ

本書はゲームを通じてコンピュータサイエンスへの理解が深まる良書です。
私も学生に薦めた所、とても評判が良かったです。

ゲームでの実例を挙げながら

  • ビット演算
  • CPUとレジスタ
  • スタックの役割
  • メモリアクセス

などを分かりやすく説明していて、実感が湧きやすくなっていす。
だからコンピュータサイエンスやCASLを学ぶゲーム好きな人には、良き副読本となるでしょう。

コンピュータサイエンスは机上の空論ではありません。

では諸々の理論が、実際にどうゲームを動かすのか?
それを知るのに優れた一冊です。

ファミコンの驚くべき発想力

ファミコンの驚くべき発想力
9

分かりやすさ

9.0/10

情報量

8.0/10

コストパフォーマンス

9.0/10

わくわく度

10.0/10

Points

  • 興味深いファミコンの設計思想
  • ハードウェアの理解も深まる
  • 当時のプログラマーの技が分かる
  • トリビアも色々
  • わくわくしながら読めました

Notes

  • もうちょいボリュームが欲しいなぁ

もっと知りたい?
C言語_初級 | C言語_中上級 | C++_初級 | C++_中上級 | C#_初級 | C#_中上級 | Java_初級 | Java_中上級 | コンピュータ_サイエンス | アルゴリズム_ | ゲーム_プログラミング | DirectX_ | Unity_ | ゲーム_デザイン | ゲームのしくみ_ | 数学_ | プログラミング_テクニック | 歴史_偉人 | ソフトウェア工学_ | 読み物_エッセー | 人生_生き方 | 創造_発想 | 雑誌_ | 漫画_小説_映画 | メルマガのバックナンバー_

Kuniaki Ebata 登録者

プログラマーで現役のスキー国体選手です。
頭脳と体を動かすのが大好きなフレンズなんだね。専門学校で先生もやってます。

教え子をゲーム会社にどんどん送り込み、世界を面白くする野望を実現中。

プログラミングが上達するメルマガやってます。

ここを見たゲーム業界の卒業生へ
新作が出たら、連絡するか現物を送ってくれると嬉しいです。
ただし18禁・CERO-Dの場合は、厳重に梱包の上、品名をパソコン部品にて送る事(だいじ)。