ツキの法則 「賭け方」と「勝敗」の科学

主観にだまされない原則

これは純粋なプログラミングの本ではありません。
しかし論理数学的な思考を学びたい人には、最高のテキストになると断言できます。

ギャンブルの迷信や必勝法を科学的に検証し、謎めいた印象が強い「ツキとは何なのか」を客観的に解き明かしています。

本書を読むと、主観に騙されない冷静な視点を養えるでしょう。

人は結構おバカさん

私は学生時代に本書を読み、人間がいかに感情に流されやすいかを痛感しました。
それ以来、本書に世の中全体を眺める指針を教わったと思っています。

中でも印象的だったのは次の設問です。

今ここにAとB、2つのクジ箱があります。

  • 箱A : 全てアタリ。100%確実に80ドルもらえる。
  • 箱B : 85%の確率で100ドルもらえる。しかし、ハズレならゼロ。

あなたはAとBどちらのクジを引きますか?

私を含め多くの人はAを選びますが、実はBの方が期待値は高いのです。
うむむ、人間の主観って当てにならないですね。

また「なんだそんなの当たり前じゃないか」と思った賢い方なら
更に本書をより一層楽しめると思います。

本書では、宝くじ・競馬・ルーレットなど様々なギャンブルの事例を取り上げ、主観を排除し、本質を解明して行きます。

そしてその過程で

人間はいかに騙されやすいか

が身に染みて分かります。

プログラミングに置き換えて

本書の「主観を排除した論理的な視点」は、そのままプログラミングにも通ずるものです。

プログラムやコンパイラはひたすら論理的に動きます。
しかし往々にして人間は、主観に流され、その原則を忘れてしまいます。

昔の話ですが、何の疑問も持たずに超絶遅いループを書いていた先輩がいました。

またバグの原因を論理的に考える時間を取らず、いきあたりばったりにソースを修正するだけの人もいました(あ、これは私の事です)。

彼らが特別愚かだとは思いません。人間とは想像以上に判断を誤りやすいのです。

だから常日頃から注意しないと、

気が付いたら主観のワナにハマっている…

そんな状況になりかねません。

プログラマの黄金律

本書から得た教訓は

まずは自分の主観を疑い、論理的に考える!

これに尽きます。

そして、これは全てのプログラマに当てはまる黄金律だと思います。

そんなわけで、読めば「賢いプログラマ」に近付けるオススメの一冊です。

ツキの法則 「賭け方」と「勝敗」の科学

ツキの法則 「賭け方」と「勝敗」の科学
9.5

分かりやすさ

9.4/10

普遍性

9.5/10

コストパフォーマンス

10.0/10

ユーモア

9.0/10

Points

  • 主観に流されないコツが分かる
  • 論理的に考える癖が付く
  • ツキの正体が分かる
  • 色んなギャンブルが載ってて楽しい
  • セルフ胴元ボックスは必見

Notes

  • ギャンブルする気がなくなるかも…

もっと知りたい?
C言語_初級 | C言語_中上級 | C++_初級 | C++_中上級 | C#_初級 | C#_中上級 | Java_初級 | Java_中上級 | コンピュータ_サイエンス | アルゴリズム_ | ゲーム_プログラミング | DirectX_ | Unity_ | ゲーム_デザイン | ゲームのしくみ_ | 数学_ | プログラミング_テクニック | 歴史_偉人 | ソフトウェア工学_ | 読み物_エッセー | 人生_生き方 | 創造_発想 | 雑誌_ | 漫画_小説_映画 | メルマガのバックナンバー_

Kuniaki Ebata 登録者

プログラマーで現役のスキー国体選手です。
頭脳と体を動かすのが大好きなフレンズなんだね。専門学校で先生もやってます。

教え子をゲーム会社にどんどん送り込み、世界を面白くする野望を実現中。

プログラミングが上達するメルマガやってます。

ここを見たゲーム業界の卒業生へ
新作が出たら、連絡するか現物を送ってくれると嬉しいです。
ただし18禁・CERO-Dの場合は、厳重に梱包の上、品名をパソコン部品にて送る事(だいじ)。